前へ
次へ

転職をする際その選び方がいい加減だと

転職をする際に、その選び方がいい加減だと、また同じように転職を繰り返すようになります。
なぜなのでしょうか。
それには深い秘密が隠されていました。
思い切って会社を辞めてしまって後悔するケースとしては、次のようなケースがあります。
求人情報の仕事の内容を信用して会社を移り変わったのに、その会社でできる仕事が、募集内容と違っていたというケースです。
これはよくあるケースです。
つまり会社があなたにやらせようとしている仕事の価値観と、あなたが感じている仕事の価値観がずれてしまっているということになります。
案外多いのが給与や待遇が募集内容と違っていたというケースです。
例えば正社員への登用制度があるということで入社したのに、いつまでたっても契約社員で働かされるというようなケースです。
これはやはり、自分の実力が、会社の要求するレベルに達していなかったからだと、反省するのが正しいのです。
社員に登用されるかどうかは、会社が決めることで、あなた自身が決めることでは決してありません。
その点を決して履き違えてはなりません。

Page Top