前へ
次へ

転職が当たり前の到来予想、その理由とは

従来の日本人の価値観は、一度仕事に就けば一生その仕事に仕え、転職は人として魅力では無い価値観を持ち合わせていました。
この価値観は、武士道の精神、城主に仕える旧態依然の武士の精神に価値を置いて来た理由なども、影響として一部で囁かれています。
この旧態依然の価値観は、極端な話、良くも悪くも会社と運命を共にする状況も現れやすくなるはずです。
世の中は常に変化しているものであり、旧態依然の価値観を持つ会社内での歪みが現れる中、旧態依然の価値観に崩壊が始まっています。
転職を繰り返した中での様々な経験は、多くの経験が、柔軟な発想力や対応力を作り出す場合もあるはずです。
人材の価値とすれば、一つの仕事しか出来無い人材よりも、様々な企業で身についた複数の能力を持つ人材の方が人材の価値が高い場合もあるでしょう。
企業としての成長力も高まりやすく、転職が当たり前の風潮も今後さらに風が強まっていくはずです。
ただし、最低、半年から1年は、経験として積む気持ちも大切であり、転職を考える場合は、数ヶ月で辞める気持ちは出来るだけ控えた方が望ましいでしょう。

Page Top